10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回知多半島映画祭、グランプリ受賞

10月18日(金)
8時26分の新幹線で東京から名古屋へ移動。お昼、熊本から飛行機で飛んで来た母と合流し、昼食はきしめんを食べる。西鉄で住吉町駅へ。景色がだんだんと、のどかになる。実家(熊本)に帰省した感覚に。駅を降りると牛舎の香りが心地よい。
映画祭指定の半田ステーションホテルにチェックイン。近くを散策。古びた稲荷神社で、のら猫たちがお出迎え。まるで狐のよう

1赤レンガ
中には入れませんでしたが、旧カブトビールの赤レンガ建物の外景を見ました。

2ごんぎつね
新美南吉さんの記念館へ。ごんぎつねのアニメを鑑賞。小学生の頃、国語の授業で勉強したことを思い出しました。(このことが次回作のヒントに

街の人や、タクシーの運転手さんと楽しくおしゃべり^ ^ 知多半島の人は、とても穏やかで和みます。

3魚料理
夕食は、半田駅の近くにあった魚太郎(そのような名前だったはず) 母と旅番組をしているような感じ(笑) 二人で旅行なんて何年ぶりだろう。

知多半島は僕らをやさしく迎えてくれました。今夜は早めに就寝。いい夢が見れますように


10月19日(土)
6時起床。天気は小雨。ホテルの前にある池に、鳥たちが来ている。7時30分より食堂で朝食。オーナーさんに挨拶。黒澤明監督が知多半島でロケをした話など聞きました。

4ホテル姿三四郎
廊下にKurosawa.

5風立ちぬ名古屋
エレベーター内に『風立ちぬ』に登場した名古屋駅の新聞広告も。

素敵なホテルをチェックアウトし、タクシーで会場のアイプラザ半田へ。10時ちょっと前に到着し、スタッフさんに控室に案内される。僕は舞台挨拶の打ち合わせがあるので、招待作品『桐島、部活やめるってよ』を途中まで鑑賞。(たぶんDVDでの上映で日本語字幕付きでやればよかったのに、という印象)

6ボイスガイド
それは、ロビーで視覚障がい者用のシーン・ボイスガイド用ラジオを無料で貸し出していたから。個人的にこれから本作の副音声用台本を書かなくてはいけないので借りようかと悩みました。けれど、それを必要としている人がいて、数が足りなくなったらいけないと思い借りませんでした。打ち合わせを行うため途中で出て、貸し出しをされている方々と話をしました。「誰も借りてくれない・・・」とても残念そうにされていました。遠慮もあると思いますが、副音声のボイスガイドについてはまだまだ認知されていないんでしょう。広めていきたいです。

せっかくの機会なので、目を閉じて視覚障がい者の擬似体験で、副音声のみで映画を感じる。もしくは聴覚障がい者の疑似体験で字幕のみで映画を感じるといった、そういう試みも今後あっていいのではと思いました。その結果、街はバリアフリーになり、人の心もバリアフリーになっていくと思います。

7会場の車いすスペース
ちなみに会場の車いすスペースはこのような感じでした

8キネマ1
8キネマ2
ロビーには昔の35mm映写機が置いてありました(カッコいい

舞台挨拶の司会者 青木やすよ(涼夏)さんと打ち合わせ。持ち時間は3分と言われました。3分で言いたいことを伝えられるか。早口になるだろうと、手話通訳の方がついてこれるだろうかなど考えましたが、映画祭に手話通訳はつかないとのこと・・・

9全員集合
みんな揃って記念撮影。小堀敏夫さんの『燃えよドラゴン』のシャツがいい!! ジャッキー・チェンに貰ったシャツを着ていけばよかったかな

10隣接駐車場
昼食。会場の隣接駐車場でにぎやかに

11カブトビール
限定50本のみ販売となったカブトビール。あっという間に完売しました。(僕は事前にスタッフに言って、母の土産分と合わせて2本ゲット。この時間帯に嫁も知多入りし1本ゲットしました)

家族で昼食。他の監督さんたちと名刺交換。ボランティアのスタッフさんたちと、おしゃべり。楽しいひとときはあっという間に過ぎて午後の部が始まりました。

12シンポジウムさん
吉本興業「住みます芸人」シンポジウムさん

13知多娘。さん
知多半島PRキャラクター 知多娘。さん(他のメンバーは台湾にPRに行ってるらしい)

コンペティションの上映は、110本の応募作品より選ばれた6作品を上映。各作品の上映後に監督の舞台挨拶

14市川さんの手紙代読
『上にまいります』の上映後。やはり3分では言いたいことを伝えられず、司会の青木さんがが締めくくろうとしている際に「すいません、あとひとつだけいいですか」と割り込ませていただき、2020年に東京でパラリンピックを行うとどういうことになるか、個人的な心のバリアフリーについての意見を言わせていただきました
※写真は会場に来れなかった、主演の市川幹さんから預かった手紙を代読している様子。

僕は前半のみ鑑賞。新幹線の時間があり交流会(打ち上げ)に参加できないので、映画を見ないでロビーにいるスタッフさんや、日本福祉大学のボランティアさんとおしゃべり。オリンピック・パラリンピックじゃないけどロビー活動()していました。

お客様の投票によってグランプリが決まります。集計の間、招待作品『RAFT』を鑑賞。監督の三宅伸行さんはもうすぐ公開になるジブリのドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』のカメラマンもされているとか。女優の松岡茉優さんは、とっても可愛いんだけど18才とは思えないトークで何者なんだろうと

休憩中、ロビーをうろちょろしていたら行き交うお客様に『上にまいります』に投票しました、サインください、一緒に写真をお願いします、とたくさんの方々にお声をかけていただきました。とても嬉しかったです。ありがとうございます

そして、コンペティションのグランプリが決まり表彰式が始まりました。

準グランプリは落合賢監督の『消しゴム屋』好きな俳優の、でんでんさんが出ています。落合さんの新作は『タイガーマスク』です。

せめて準グランプリはもらいたかったなぁ、という思いと、ひょっとしたらという思いが交差する中、グランプリは『上にまいります』です、と呼ばれました 軽くガッツポーズ、お客様に一礼し、壇上へ。

15グランプリ受賞
初めての映画祭出席。そして本作を一般の方々に観ていただける初日でした。

16母を想い・・・
客席にいる母を想うと、ちょっと涙目になる一幕も。実は今年の夏に祖母が亡くなりました。母は、祖母の遺影をカバンに入れて会場に来ていますから。

17松岡さんから招き猫
壇上で松岡さんと一緒に映画を作る約束をしました(知り合いが2人もいるヒラタオフィスに所属してるとは)

18表彰式後の記念撮影
知多半島映画祭の代表・鈴木啓介さんの締めの挨拶に、知多半島の未来を感じ、またこの映画祭に、この場所に戻ってきたいと思いました。

会場からタクシーで移動中、赤信号で止まりました。窓の向こうを見ると花火が上がっています。あっ、新美南吉さんの生誕100周年のお祭りのフィナーレで上がる花火だ(映画祭と同日に開催)。まさかのこの赤信号で停車したタイミングで花火を見れるなんて いろんなことを想像してしまいました。これは、新美さんが僕たちに「おめでとう」って言っているのでは。とか、知多半島に受け入れられてご褒美の花火かな、とか(笑) タクシーの窓から見る花火は普通じゃ見れない特別なものだと思います 人生にはこういうタイミングがあるんだと、不思議な嬉しい体験でした。
余談ですが、タクシーの運転手さんは知多半島映画祭のことを知りませんでした・・・(4回利用して全員

電車に乗り名古屋へ。家族で夕食。幸せな一泊二日の知多半島映画祭でした。この映画に協力していただいたキャスト・スタッフ・関係者のみなさま、そして映画祭のスタッフのみなさま、そして知多半島のみなさま、本当にありがとうございました。

映画祭のレポートが掲載されています。
映画エンタメ情報 → シネマカラーズ


東京に戻り、事業所へグランプリ受賞の報告。
主演の市川さん、大喜び^^ そのことを話していると職員さんどこかへ行ってしまった しばらくして帰ってきたら、何とケーキを持っています。「お祝いやりましょう」と名前入りです

19サプライズケーキ
まさかのサプライズ・ケーキに驚きました。ありがとうございます。

20事業所前で記念写真
記念写真^^

この事業所でヘルパーの仕事をさせていただくようになって、僕の人生は変わりました。始めはただのボランティア感覚で、アルバイトのヘルパーのつもりでした。辞めるタイミングを逃し() 今は介護福祉士になり、新人さんの介助研修もやらせていただいています。
運命的に出逢った利用者さんをこれまでに4人亡くし、天国へおくらせていただきました。たくさんのことに気づかせていただきました。感謝しています。障がい者自立支援法におけるデモの運動、差別や偏見、喜びと悲しみ、そういった過程の延長上に本作は存在します。これからの時代に耐えていける映画であり続けてもらいたいです。


21表彰式
いただいた表彰状は部屋に飾っています

22招き猫トロフィー
グランプリのトロフィー 毎日話しかけています


23第3回知多半島映画祭チラシ
第3回 知多半島映画祭チラシ



にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

プロフィール

ウーニッシュ 代表

Author:ウーニッシュ 代表
英語タイトル
「The Rose and The Ring」

記事担当:監督の堀河洋平

予告篇

特報

スポット

主題歌MV

メイキング ①

メイキング ②

メイキング ③

完成披露試写会 前半

完成披露試写会 後半

打ち上げ

ミニライブ

絵コンテ

未公開映像

カテゴリ

応援クリック

こころカウンター

最新情報は監督のTwitterをチェック

リンク

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。